財団せせらぎ 設立にあたって

いま、私たちは「時代の大きな転換期」に向きあっています。

私たちは現在、大震災や原発事故、世界的な経済の混乱、格差と不均衡、医療や福祉の壁、教育や文化・社会の閉塞感など、実に多くの難しい問題に直面しています。それらの課題を解決し、世の中を少しでも明るい方向に前進させてゆくためには、そのどれ一つをとっても、これまでにない全く新しい発想や取組が求められているように思われます。

私たちの財団は、小川の「せせらぎ」のように誠にささやかな規模ですが、社会の各分野において、課題に挑戦し、困難な状況を改革、改善しようと努力されているさまざまな「先進的な取組」を発掘し、ご支援申し上げようと考え、設立いたしました。

私たちの財団については、以下の財団案内をご参照ください。

理事長 村上 愛三

財団案内
財団せせらぎの財団案内になります。
財団案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 378.4 KB